なぜ鬱病になるのか?

MENU

解明されていない鬱病の原因

うつ病の原因は今のところはっきりした解明はされておらず、いろいろな仮説が考えられている段階です。
現時点では、多様な理由が重なって起こることが多いと考えられています。
そして、その人の元々の性格や、環境によるストレスが関係している側面があり、
それだけでなく、脳の中の神経の伝達がうまくいかなくなるなど、脳の機能に障害がおきていることがわかってきました。

 

脳の中には「神経伝達物質」があります。それは神経細胞に情報を伝達して、
心と体をコントロールし、その働きを活性化させると考えられています。
食事や睡眠などの基本的動作のほか、記憶や感情など知的な活動も脳内物質がコントロールしています。

 

うつ病のときは、セロトニンとノルアドレナリンという、気分や意欲など、
人の感情に関係する情報の伝達をコントロールする物質の量が、減っていることがわかってきました。
そのため神経細胞間で行われる情報伝達がうまく出来なくなっていると考えられます。
また、脳の「前頭葉」という、言語・運動・精神活動を担う部分を中心に、
脳の血流や代謝が低下していることも分かってきました。

 

うつ病にかかる原因として、ストレスが誘引となることも多いと考えられています。
特に人間関係に関することと、環境の変化についてが多いとされています。
悪いことばかりではなく、結婚や昇進など、一見喜ばしいことにもストレスを感じることがあります。

 

また、他の病気や薬の副作用がうつ病の引き金になることが少なからずあります。
特に慢性病だと病気についてのストレスで抑うつ症状が出やすくなります。
元の病気がよくなれば抑うつ症状もよくなりますが、
症状が重かったり、元の病気が直っても症状が残る場合は、うつ病の治療を行います。

 

「うつ病になりやすい性格」があるともよく言われています。
一般的に、真面目で、責任感が強く、正直で、人付き合いがよく、
親切で、さびしがり屋で、反省的な性格に多いとされています。
あるいは極端な考え方をするタイプのひとや、
完璧主義者、悲観主義者もうつ病になりやすいと言われています。

 

うつ病を薬を使わずに克服する方法
下園壮太 プチ認知療法