クラミジアの潜伏期間はどれくらい?

MENU

クラミジアの治療と検査

近年は性病を治すことができる抗生物質などの治療薬がありますが、クラミジアをはじめとする性病の感染者は増加しているという傾向があります。クラミジア感染者増加の原因は、性の低年齢化などの影響もあるでしょう。治療が可能だからといって、感染しても大丈夫ということではありません。大事な恋人やパートナーに感染させないためにも、クラミジア検査を定期的に受けて、チェックしておくことが望ましいですね。女性がクラミジアに感染した場合、自覚症状に乏しいこともあるので、気づかずにクラミジアをパートナーに移してしまうケースが多々あるようです。

 

男性のクラミジアの場合は、尿道から膿が出たり痛みや発熱があったりするので、すぐに気づきます。男性の場合は、つらい症状になります。パートナーがいる場合は、一緒にクラミジア検査を受けるといいですね。市販のクラミジア検査キットでは、カップル用のセットも販売されています。料金的にもお得になっているので、カップルでクラミジア検査をするのにお勧めです。通常、クラミジア検査キットは行政が認可している検査機関で判定を行うので安心です。クラミジア検査キットのご利用は計画的に。クラミジアには潜伏期間があります。症状があらわれる前に検査キットでチェックするのもいいですね。